小保方晴子氏を窃盗容疑で訴えた黒幕はこの人 | バラエティ劇場

小保方晴子氏を窃盗容疑で訴えた黒幕はこの人


STAP細胞捏造事件で理研を退職した小保方晴子氏ですが、先日元理研OBの石川智久氏から兵庫県警に窃盗容疑で刑事告発されました。
石川氏の背後にいる黒幕を暴きます。

石川氏は昨年の3月まで理研に在籍していました。

その石川氏は小保方氏がES細胞を盗んだとして告訴しています。
小保方氏がES細胞を盗んだと推認させる写真もあるといいます。

しかし、石川氏は理研を退職した身で、色々な証拠集めをすることは困難だったはずです。
そこで登場するのが今回の告発の黒幕である若山照彦・山梨大教授です。

STAP細胞を発表した時には2人は、とても良い関係でしたが、その後、少し
雲行きがおかしくなると、小保方氏は若山氏に責任をなすりつけるような発言を繰り返しました。

この時には、若山氏はハメられたと、一時期は自殺も考えるほど大きなショックを受けたようです。
その時の恨みなのでしょうか?今回の告発は?

いずれにしろ、理研の外部調査でもSTAP細胞はES細胞が混入したものと結論づけています。
しかし、誰がいつ、何のためにの核心部分がわかっていません。

理研はあいまいなまま早く事件を終わらせようとしていますが、税金を使って研究してきた以上、この核心部分は、きちんとさせる責任があるはずです。

兵庫県警は告発は受理するか、しないか慎重に判断しているといわれますが、真相解明の為には是非、受理して真実を調べて欲しいと思います。

小保方氏も、「私は取っていません」というのですから、疑いを晴らすためにも、はっきりさせた方が良いのではないのでしょうか。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 小保方晴子氏を窃盗容疑で訴えた黒幕はこの人