栩内香澄美被告、有罪確定。控訴は確実か? | バラエティ劇場

栩内香澄美被告、有罪確定。控訴は確実か?


ASKAと同時逮捕された覚せい剤取締法違反の罪に問われた栩内香澄美被告の判決が13日下されました。
懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)です。

今まで、無罪を主張してきた栩内被告ですが、東京地裁の判決が出たあとでも、「私は自分の意思で覚せい剤を使用した事はない。私を信じて欲しい」と語っています。

裁判官は栩内被告に対して、反省の態度が見られなく、言論が不合理だとして批判をしています。

毛髪の鑑定検査が2回目の検査で陽性反応が出なかったことについては、1回目の科学検査で尿や毛髪から覚せい剤成分が検出された事にたいし疑問を挟む余地はない。と弁護側のASKAの体液が混入したという説を否定しました。

栩内被告には、大物ヤメ検の黒田修一弁護士ら数人がついていましたが、今回の判決に納得するとは思えません。
某企業から依頼されたメンツもあるはずです。

きっと、控訴をすると思われます。
しかし・・・・・・・・。

今日の判決に関してもメディアではほとんど放送自体もなく、取り上げられていません。
ひょっとしたら寝た子を起こすことなく、このままひっそりと忘れ去られればと願えば今回の判決を受け入れる可能性もあります。

しかし、あれだけ騒がれた事件なのに、こと栩内被告に関しての報道が少なすぎた事は当初から言われていましたが、それだけ栩内被告が元勤めていた会社、会長にマスコミを黙らせる力があったということでしょうね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 栩内香澄美被告、有罪確定。控訴は確実か?