小保方晴子と口裏を合わせる関係者。彼女を一流の研究者に偽装! | バラエティ劇場

小保方晴子と口裏を合わせる関係者。彼女を一流の研究者に偽装!


小保方晴子氏のSTAP論文に新たに図表不正が2件発見されました。
理化学研究所の調査委員会は、小保方氏による不正と認めています。
そんな小保方氏と口裏を合わせる関係者がいるようです。

理研は当初、新たな調査はしないと言っていましたが、外部有識者らの要請を受け調査をしていました。
今回は、理研内部調査ではなく、外部有識者のみで調査を行っています。

本来は理研の調査で分かったはずなのですが、ここからもわかるように、小保方氏が不正を働いたことが明るみになると困る人が多勢いるようです。

それは、小保方氏の不正を見抜けなかった関係者です。
つまり、小保方氏の不正が明らかになればなるほど、それを見抜けなかった関係者が無能のレッテルを貼られてしまうからです。

これは、何も理研に限ったことではありません。
小保方氏に博士号を与えた早稲田大学にも言えることです。

無能のレッテルを関係者が貼られる前に、この騒動の早い幕引きを図りたいので、事前に小保方氏と研究に対する認識を一致させた上で、つまりは口裏を合わせた上で、意図した不正ではなくうっかりミスにして、彼女は一流の研究者としていたいのです。

そして締めくくりとして彼女を海外の大学院にでも入学させて猶予期間を取ろうとしているようです。

つらいかもわかりませんが、STAP細胞が発見されなかったことについては、彼女はきちんと説明する義務があると思うのは私だけでしょうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 小保方晴子と口裏を合わせる関係者。彼女を一流の研究者に偽装!