羽生結弦、「報道ステーション」松岡修造とのインタビュー内容 | バラエティ劇場

羽生結弦、「報道ステーション」松岡修造とのインタビュー内容


羽生結弦選手は9日放送のニュース番組「報道ステーション」で松岡修造キャスターのインタビューコーナーに出演しました。

羽生結弦選手は、11日から始まるスペイン・バルセロナでのGPファイナルに出場するために、9日には日本を出発しているので、インタビューは11月下旬のグランプリ(GP)シリーズ第6戦のNHK杯で4位となった翌日に収録したものが放送されました。

羽生選手はインタビューで、エン・カン(中国)と激突した後の治療期間中に色々な声が聞こえてきて、特にワイドショーなどで、出るべきではなかった。と取り上げられたことなどを回想していました。

怪我から10日後、初めて氷の上に立った時にNHK杯の出場は無理だと思い初めて親に出場をあきらめる。と言ったことも明かしています。

それでも、出場を決心し4位に食い込み連覇のかかる同ファイナルへの出場切符を手にした羽生選手ですが、インタビュ-では、本当は休みたかった。

グランプリファイナルに出られなかったら年末の全日本選手権まで休もうと考えていたと心境を吐露。

神様がしっかり準備をしろと行っている思い、また課題を見つけます。と話すと、松岡氏から課題が好きなの?と聞かれ、課題は大好きです。乗り越えることでまた成長できるからと語っていました。

ストイックな性格を披露した羽入選手ですがグランプリの頑張りを期待したいと思います。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » フィギュアスケート » 羽生結弦、「報道ステーション」松岡修造とのインタビュー内容