乃木坂46、NHK紅白落選の原因は運営のミス?! | バラエティ劇場

乃木坂46、NHK紅白落選の原因は運営のミス?!


乃木坂46のNHK紅白歌合戦落選の発表が話題になっています。
メンバーの重なる不祥事もありますが、運営側のミスが原因で落選になったようです。

NHK紅白には、乃木坂46よりもCD売上で約25万枚も下回るHKT48が初出場しています。

当然、ファンの間からは「どうして?」と疑問の声が上がっていますが、考えられる原因は相次ぐメンバーの不祥事報道があり、急遽、乃木坂46からHKT48に変更されたと思われます。

メーンバーの不祥事は、先月の松村沙友理の“不倫路チュー”報道、畠中清羅のお泊まりデート報道、19日に2度目の未成年飲酒が報じられた大和里菜の行動があります。

運営側は最初に重大なミスを犯しました。

初回の松村沙友理の“不倫路チュー”報道で本人にラジオで不自然な発言をさせたり、記事自体を否定する発言をさせたことが、マスコミの怒りを買うことになり、その後のお泊りデート、飲酒報道につながっていったものと思われます。

大御所のAKB48も、数多くの不祥事を起こしていますが、スキャンダルに対しては全部スルーしていてマスコミからの反感を買うようなことはありません。

これはAKB48プロデューサーの秋元康氏が乃木坂46に対しては楽曲の提供しか行われておらず、乃木坂46にはスキャンダル対応のノウハウがなかった事が大きな原因だと考えられます。

他のマスコミに後追いさせないノウハウとかがなかったために、騒ぎを大きくしてしまったことがNHKの審査基準に抵触し落選したものと思われます。

マスコミを巧みに利用するAKB48と不器用な乃木坂46の差がここで出てしまいました。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 乃木坂46、NHK紅白落選の原因は運営のミス?!