バカキャラの杉村太蔵を見直す凄い才能。(ごますり?) | バラエティ劇場

バカキャラの杉村太蔵を見直す凄い才能。(ごますり?)


バカキャラで本当にバカだと思われている元・国会議員の杉村太蔵が凄い才能を持っていることが『バカでも資産1億円』から読み取れます。

最近、杉村氏が出版した『バカでも資産1億円』を読むことで意外な杉村氏の凄さが見えてきました。

杉村氏はただの馬鹿ではありませんでした。

なるほど、馬鹿でも資産1億円を稼ぐことができたということも納得です。

杉村氏は大学2年で大学を中退したあと、歯科医の実家を追い出され東京で派遣ビルの清掃の仕事をしていましたが、ある日、清掃していたビルの外資系証券会社の重役に認められ、その証券会社に就職します。

その時に使った手が木下藤吉郎ならぬ杉村氏ばりのごますりです。

その重役のトイレ使用前に便器をピカピカに磨き、使用後、ペーパータオルを渡す。

重役のライバルの不利な情報を探り出しライバルを潰す。

ボスのコーヒーの好みを覚え、コースターの代わりにペーパーナプキンを添えてわたすなどなど、凄いゴマすり術が網羅されています。

国会議員時代もこのゴマすり術で石原伸晃さん、林芳正さん、小野寺五典さんなどに可愛がられたそうです。

究極のゴマすり言葉は、「私も仲間に入れてください」だそうです。

この言葉は接待時などにもつかえ、あなたに興味がありますよ。という意思表示だそうです。

国会議員時代にも、この言葉をよく使ったそうです。

バカを最大限利用したごますり術。

この本を読むと杉村氏がただの馬鹿でないことがわかります。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 経済 » バカキャラの杉村太蔵を見直す凄い才能。(ごますり?)