安藤美姫、青木愛、演技中によく「くいこんだ」経験を暴露 | バラエティ劇場

安藤美姫、青木愛、演技中によく「くいこんだ」経験を暴露


21日放送の「ごきげんよう」に出演した元フィギュアスケート選手の安藤美姫さんと、元シンクロナイズドスイミング選手の青木愛さんが競技の演技中によく「くいこんだ」と暴露しました。

安藤さんは、「スピンとかしてると食いこんじゃうんですよ、やっぱり」と語り、またタンクトップのような衣装の際は、回転する遠心力で胸が上がり、胸の谷間が見えやすくなると言っています。

「高校時代から、そんなシーンをよく撮られ当時は恥ずかしいというよりもショックでビックリしちゃって・・・」
と当時の心境を暴露しました。

青木さんは、現役時代は少しでも足を長く見せるために水着を骨盤の上まで引き上げ「ハイレグ」状態にしていて、泳いでいたら後ろの方が自然にくいこんだと語っています。

青木さんは、「もう、TというよりIぐらいの感じで」で食い込みました。と話し、今でもその映像をみると恥ずかしいと本音をのぞかせました。

また同時出演で、元バドミントン選手の小椋久美子さんも、休憩中によくスカートの下から撮影されたことを明かしていました。

やはり、純粋なスポーツを楽しむ人、別な目でみる人、いろいろな人が存在するんですね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 安藤美姫、青木愛、演技中によく「くいこんだ」経験を暴露