AV業界のタブーを峰なゆかが大暴露 | バラエティ劇場

AV業界のタブーを峰なゆかが大暴露


最近、蒼井そら、Rio、つぐみらがバラエティ番組に出演することからAV女優に対する理解?も進み、AV業界の門戸をたたく女性も増えているそうです。そんなAV業界のタブーを元AV女優の峰なゆか氏が大暴露します。

元AV女優の峰なゆか氏は現在は漫画家で『アラサーちゃん』『セクシー女優ちゃん ギリギリモザイク』などを出版しています。

AV女優さんで1番気になるのは高額であろうと想像する出演料ですが、これが以外と厳しそうです。

よく芸能人がAV作品に出演すると8000万円とか1億円とか高額なギャラの話が出ますが、実際はそんな高額なギャラが出ることは、ほとんどないようです。

AV女優は、メーカーと専属契約をする「単体女優」、元単体女優や企画女優の「キタカン」、素人モノやフェチ系に出演する「企画女優」に分かれます。

「単体女優」のギャラは1本の単価が80万円。
「キタカン」は1本30万円
「企画女優」は1本5万円だそうです。

安すぎ~!

って感じです。
そのためAV女優だけでは生活が成り立たずアルバイトをする人も多くいるようです。

体力的にもきつく、潮吹きのために撮影前に6リットルの水を飲んだり、口の中から精液の匂いが消えないなど苦労も多そうです。

ちなみに中出しなどでよく見る精液ですが、あれは擬似精液が多く、股間から流れ出すのは白いローションで、ぶっかけのときは卵白と練乳を混ぜたものを使います。

ギャラとか体力的な苦労とか、AV女優さんは大変ですね。

まだまだ、AV業界の裏側は峰なゆか氏の書籍で知ることができますよ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » アダルト » AV業界のタブーを峰なゆかが大暴露