ブルーマウンテンコーヒーが市場から消える。飲めるのは3~4年先 | バラエティ劇場

ブルーマウンテンコーヒーが市場から消える。飲めるのは3~4年先


日本人に人気のブルーマウンテンコーヒーが市場から消えつつあります。
大手コーヒーメーカーも販売を停止しています。収穫までに3~4年かかるとされています。

ブルーマウンテンコーヒーはジャマイカ共和国にあるブルーマウンテン山脈の標高1200メートル近くの過酷な環境、限られた地域で栽培されるコーヒー豆です。

日本人に特に人気で、輸出の大半は日本向けです。
繊細な味わいで香りが高いところが日本人に好まれているようです。

しかし、このブルーマウンテンコーヒーが街の喫茶店や、自家焙煎コーヒー専門店、量り売り、スーパーの店頭からなくなっているのです。

大手コーヒーメーカーのキーコーヒーはブルーマウンテンコーヒーの販売を8月以降、休止し現在直営ショップにも在庫はありません。
UCC上島珈琲は9月25日に在庫がなくなり次第、販売を休止すると発表しました。

どうしてこのような現象が起きているのでしょうか?
それは原産国の不作の影響なのですが、古くは2012年のハリケーン「サンディ」まで遡ります。

この時に多くのコーヒーの木が倒れ、そして2013年に強い伝染力をもつ「さび病」や、コーヒーベリーボーラーなどの病虫害の被害を受け生産量が大幅に激減してしまったのです。

ピーク時の収穫量と比べると5分の1まで減少しています。
現地で幼木から再生を進めていますが収穫までには3~4年はかかると言われています。

ハリケーンの被害や病虫害の被害にあわなかったブルーマウンテンの販売の再開は収穫の状況をみながら来春には再開したいとUCC上島珈琲は語っています。

楽天市場通販をみると、まだ在庫をもつショップがあるようです。
ブルーマウンテンが好きな人は今のうちに在庫をキープしておいた方が良さそうですよ。

コーヒーギフト◆ブルーマウンテンコーヒーギフト◆極上の焼きたてコーヒー豆ギフトセット【全…
コーヒー豆 ブルーマウンテン 飲みやすく美味しいコーヒーです。ブルーマウンテンNo.1のコーヒ…

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » ブルーマウンテンコーヒーが市場から消える。飲めるのは3~4年先