HERO最終回11話のあらすじです。9月22日放送 | バラエティ劇場

HERO最終回11話のあらすじです。9月22日放送


今年の連続ドラマで唯一校長のHEROが22日に最終回を迎えます。
9月22日放送最終回11話のあらすじを紹介します。

久利生公平(木村拓哉)と麻木千佳(北川景子)は特捜部の捜査から城西支部に戻りますが城西支部では、冤罪事件でもめています。

過去に冤罪の可能性が高い被疑者が、刑罰が確定したあと、病気で死亡しているのですが、実はその事件は現在、殺人容疑で送致されている南雲尊之(加藤虎ノ助)が過去に犯した可能性が高いのです。

しかし、それを追求することは、検察が自ら冤罪を認めることになってしまいます。

南雲の第1回公判が開かれ、久利生が担当し求刑しますが、南雲の弁護士は正当防衛を主張します。
そんな時に、久利生は冤罪と思われる過去の事件を追求し始めるのです。
当然、この展開にはマスコミも検察も騒然とし問題になります。

東京地検本庁は川尻健三郎(松重豊)を呼び出しますが、川尻は事件の起訴には自信があるので本庁の注意をはねのけます。
牛丸豊(角野卓造)は本庁と城西支部の間にたって右往左往します。

城西支部のメンバーは過去の冤罪事件の可能性がある事件を担当した当時の検事、国分秀雄(井上順)を訪ねますが、全然捜査に協力しようとはしません。
そんな中、南雲の弁護士は驚くべき手段をこうじてきました。

しかし、主人公、久利生公平は本当に通販が好きですね。
しかも、購入するのは、健康器具というか体を鍛え系が多いですね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » HERO最終回11話のあらすじです。9月22日放送