錦織圭選手のラケットの特徴 | バラエティ劇場

錦織圭選手のラケットの特徴


錦織圭選手、いよいよ決勝戦ですね。テニス全米オープン決勝戦は日本時間9日午前6時から行われます。
全世界から注目を集める錦織圭選手ですが錦織圭選手が使用しているラケットにも注目があつまっています。

錦織圭選手が使っているのは、ウィルソンのラケットで、専属契約も結んでいます。

ウィルソンのラケットは、テニスラケット自体がボールに力や回転をかけるのではなく機械のように動き、体と一体になってラケットを振ったとおりにボールを操作できるのが特徴です。

他のテニスラケットメーカーのように、時に凄いショットが飛んだり、意味の分からない軌道を描くボールを打つことはありません。
ボールが素直に飛んでいってくれるので、テニスラケット中のラケットと言えます。

打球感はラケットのシナリを活かし柔らかめが多いです。

錦織圭選手はウィルソンのラケットを小さい頃から愛用していて、今回の全米オープンで使用しているSTeam PROは、錦織圭選手の要望に応えて作られたラケットです。

上海マスターズの後の2週間でテストを行い、このSTeam PROの使用を決めました。
人によっては試用期間を半年も取る選手がいる中、すごく早く決めたのは、よっぽど気に入ったのだと思われます。

振り抜けば振りぬくほど、驚くようなパワーとスピンを実現する、フレーム・ウェイト・バランスで調整した唯一無二のジャパニーズスペックです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » テニス » 錦織圭選手のラケットの特徴