デング熱対策、蚊が去る網戸「蚊ガサル虫退避ネット」 | バラエティ劇場

デング熱対策、蚊が去る網戸「蚊ガサル虫退避ネット」


蚊によって感染をもたらすデング熱が終息を迎えるどころか、感染者がどんどん増えています。
感染が広がる中、蚊を寄せ付けない網戸が注目を集めています。

この網戸は、もともと東南アジア向けのマラリア対策商品でしたが、デング熱の広がりで問い合わせが増えていて、今までは輸出専門でしたが、問い合わせを受けて今月の3日から国内販売も始めました。

網戸は愛知県豊橋市の業務用メッシュメーカー「くればぁ」が開発した商品で名前は「蚊ガサル虫退避ネット」といいます。

この網戸のすごいところは、ヒノキに含まれる蚊の嫌がる成分「トルアミド系複合化合物」を直径1マイクロ・メートルのカプセルに入れ、通常より編み目が細かいポリエステル製網戸の繊維に染色の技術で染み込ませることに成功したことです。

これにより、デング熱などを媒介するヒトスジシマカは94%が寄りつかず、3年たっても効果は変わらないといいます。
製品は希望の長さでカット販売していますが、こんな製品もあります。

musi
依頼をすれば色々なサイズ、形状に加工をしてくれます。

㈱くればぁホームページ

虫除け網戸は欲しいけれど、少し面倒くさそうという人には、既存の網戸にそのまま吹き付けるだけで虫を寄せ付けないスプレーがあります。
虫除け効果は2ヶ月間持続するそうです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » デング熱対策、蚊が去る網戸「蚊ガサル虫退避ネット」