錦織圭のコーチ、マイケル・チャンはこんな人です。 | バラエティ劇場

錦織圭のコーチ、マイケル・チャンはこんな人です。


錦織圭選手がテニス、全米オープンで日本人として96年ぶりにベスト4入りをはたし注目を集めていますが、ベスト4入の影には、コーチ、マイケル・チャンの指導が大きかったといいます。

マイケル・チャンコーチはアジア系アメリカ人で、1972年2月生まれの42歳。身長は175センチしかありません。
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち、どんな球でも粘り強く拾いまくるフットワークを持ち味としました。

1988年にデビューをしてから1989年には、全仏オープンで17歳と3ヶ月の若さで優勝し男子4大世界大会を通して最年少優勝記録を作っています。
ランキングではシングルスで最高2位まで上り詰めた実力者です。

そんな実力のあるマイケル・チャン氏からコーチを受けたことで錦織圭選手がさらに成長をしたと言われています。

マイケル・チャン氏の指導は高校生の練習風景のように反復練習も多く、「部活」を彷彿させるといいます。
錦織選手のブログでは、マイケル・チャン氏から、サーブ、トス、ワイドサーブ、足の使い方などほとんどを直されたようです。

「おいおいほとんどじゃないか。」という本人の記述もあります。

錦織選手ほどの1流選手に、これだけ注意ができるコーチも珍しいと思いますが、技術的も大事ですが、マイケル・チャン氏から錦織選手はもっと大事なメンタル面を学んだことが大きいと言われています。

今は錦織選手にとって、マイケル・チャン氏は鬼軍曹のような存在ですが、それを受け入れて確実に成長していく錦織選手は素晴らしいです。

6日の準決勝が楽しみです。

錦織選手は負ける気がしないと語っているので期待が持てる試合になるでしょう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » テニス » 錦織圭のコーチ、マイケル・チャンはこんな人です。