朝日新聞また誤報。購読者の解約が後を絶たない | バラエティ劇場

朝日新聞また誤報。購読者の解約が後を絶たない


過去の従軍慰安婦問題で誤報を認めた朝日新聞が、また重大な誤報をした可能性があります。情報元は政府。政府は朝日新聞を潰すつもりでしょうか?


従軍慰安婦に続いての誤報に一般読者では「またか」「いい加減にしろ」という声が上がっている。

今回の誤報は、東日本大震災に関する記事で、当時の吉田昌郎所長が東京電力福島第1原発が危機的状況に陥った際、所員の9割に当たる約650人が所長の待機命令に背いて10キロ南の福島第2原発に撤退したという記事です。

この時のやりとりを記した極秘文書があるのですが、それは安倍政権下のトップシークレットになっています。

しかし、産経新聞は極秘文書の一部を入手したとして、当時、吉田所長の命令に違反し所員が勝手に現場を離れたことはないと断定しています。

これに対し朝日新聞は名誉と信用を傷つけられたとして、産経新聞の東京編集局長と産経新聞に記事を書いたジャーナリストに抗議書を送ったとされていますが、今回の産経新聞の記事は政府がお膳立てしなければ書けない内容になっています。

ということは、政府が意図して情報を漏らし朝日新聞を潰そうとしているとしか思えないのですが。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 朝日新聞また誤報。購読者の解約が後を絶たない