ディズニーリゾートのブラックな3つの”魔法のことば” | バラエティ劇場

ディズニーリゾートのブラックな3つの”魔法のことば”


今まで人身掌握術の優等生のようにいわれていたディズニリゾートですが、少し雲行きが怪しくなってきました。
キャストに責任転嫁するブラックな”3つの魔法のことば”があるそうです。


一時期は、職員数約2万人の内の9割の1万8000人がアルバイトなのにオペレーションがうまく言っていると絶賛されていたディズニーです。
アルバイトがアルバイトに教える企業風土など、ディズニーリゾートの教育に関したビジネス書なども注目を集めました。

しかし、それも今年の3~4月に解雇されたキャストがユニオンを結成し、労働環境の改善を要求し始めてから流れが変わってきました。
今まで、表に出ることがなかったキャストの過酷な労働の実態が明らかになってきたのです。

その中に、前述した3つの”魔法の言葉”があります。
「体調管理もあなたの仕事」「あなたのレベルが低いから」「あなたの根性が足りない」という言葉です。
これはすべてキャストに責任転嫁をする魔法のことばなのです。

つまりは夏の真っ盛りに着ぐるみの中で気持ちが悪くなっても、会場で怪我をしても、病気になっても悪いのはディズニーではなく本人ということなのです。

この言葉に代表されるようにディズニーにはNOと言えない雰囲気が醸成されていて無理して頑張って体調を壊したら使い捨てされポイということなんです。
もうブラック企業のロジックそのものです。

これから、もっと色々なことが暴露されそうですが、ディズニーのキャストの笑い顔が、悲しく見えないようにしてほしいと思います。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » テーマパーク » ディズニーリゾートのブラックな3つの”魔法のことば”