ASKA覚醒剤事件、警視庁がパソナと手打ち?! | バラエティ劇場

ASKA覚醒剤事件、警視庁がパソナと手打ち?!


ASKAの初公判は今月28日に開かれますが、警視庁がパソナと手打ちをしたので、新たな展開はないだろうという観測がでています。


ASKAが逮捕された直後は少数派ながら事件の黒幕はパソナという記事が出ていましたが、それも尻すぼみになっています。

実は5月にASKAが逮捕された時は、栩内香澄美被告の自宅を出てすぐだったのですが、この時に栩内被告の自宅にはもう1人の女性がいたのです。
その女性も実はパソナの関係者なのです。

警察もこの女性の存在は把握していて、事情聴取も行なっています。
しかし、その存在も名前も一切外部には漏れていません。

この存在が明らかになったのは栩内被告の初公判が行われた7月22日ですが、警視庁サイドからのリークなのです。
しかし、その女性の実名は一切発表がありません。
実はこの女性も栩内被告と同じように、パソナグループ代表の南部靖之氏と極めて親密な関係にあったといいます。

この女性の存在が公表されれば間違いなく南部氏の致命傷になったと思われますが、警視庁がそのあたりを配慮して「手打ち」をおこなった形跡があります。

「手打ち」の内容はまだわかりませんが、時間がたてば自然と見えてくるでしょう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » ASKA覚醒剤事件、警視庁がパソナと手打ち?!