高速道路渋滞情報:高速道路と一般道路どちらが早い | バラエティ劇場

高速道路渋滞情報:高速道路と一般道路どちらが早い


お盆も終盤にさしかかり高速道路の渋滞状況が気になり始めました。
高速道路が渋滞した場合、下道の一般道とどちらが早いのでしょうか?


よく、テレビでもお盆や行楽シーズンになると検証実験をしたりしますが、渋滞している高速道路を下りて下道の一般道路を走るのでは、どちらは目的地に早くつくのでしょうか・?

高速道路が渋滞の場合、下道も渋滞の確率は80%以上だそうです。
つまり高速道路が渋滞している時には、下道の一般道路も渋滞しているということです。

ついつい高層道路の渋滞の長さによっては下道に下りて一般道路を走った方が早いのでは?
と考えがちですが、『渋滞学』(新潮選書)の著者で東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授の調査によれば、これは愚の骨頂だそうです。

渋滞時でも高速道路は時速20km,一般道路では時速5Km。
つまり同じ渋滞でも構想道路の方が4倍も早いのです。
しかも信号がありません。

確率からいけば、渋滞時は高速道路から下りないで下道の一般道路は入らないほうが良いということになります。
しかし、首都高速のように下道に下りても様々なルートがある場合は下道を選んだ方が早い時もあるようです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 高速道路渋滞情報:高速道路と一般道路どちらが早い