女子高生殺害事件の加害者の家庭環境 | バラエティ劇場

女子高生殺害事件の加害者の家庭環境


実に信じられない事件が起きた日から2日が経過し、徐々に加害者の家庭環境が明るみになってきました。


26日に起きた女子高校生による同級生殺害事件では、被害者を工具で殴り、紐を使い窒息死させ、その後、数種類の刃物を使い首や左手首を切断しています。

とても女子高校生が起こす事件とは信じがたい内容です。

加害者は両親と同地区内のマンションに1人暮らしをしていて、家庭が裕福なことがうかがえます。
父親の職業は被害者の父親と同じ国家試験が必要な士業で同業者でもあります。

加害者親子はスポーツの分野で有名で、加害者の母親は13年10月に癌で逝去しているが、長崎県のスポーツ団体のトップや佐世保市の教育委委員を歴任していました。

翌年の14年1月には栃木県の国体に加害者と父親は長崎県代表として出場しています。
地元の長崎新聞にもこの時のことが記事として掲載されています。

加害者も14年2月には美術作品展の版画部門で県知事賞を受賞している才能がある高校生でした。

加害者の父親はすでに再婚していて、1人暮らしをしている背景には義母との関係がうまくいっていないようにも受け取れますが、まだそこまでの詳しい事情はわかっていません。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 女子高生殺害事件の加害者の家庭環境