小保方晴子氏へのNHKの暴走取材の実態暴露 | バラエティ劇場

小保方晴子氏へのNHKの暴走取材の実態暴露


小保方晴子氏の取材で女子トイレまで追いかけるNHKの暴走取材の実態が暴露されました。
この暴走取材で小保方氏は全治2週間の怪我をしています。


暴走取材は、23日の夜におきました。

小保方氏が理研CDBから退出した午後8時から約2時間にわたりNHKは小保方氏を追いかけまわしたのです。

小保方氏は取材から逃れるためにホテルの女子トイレまで逃げ込みましたが、NHKの女子職員がトイレの中まで追いかけ、逃れようと必死の小保方氏はエスカレーターで上と下からカメラに挟まれた時に、逃れようと必死の小保方氏はエスカレーターを逆走しました。

その時に体をぶつけ怪我を負ったのです。

NHKの暴走取材には他の民放もあきれかえっていますが、27日に放送される「NHKスペシャル」で放送予定の「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の為に必死だったようです。

小保方氏は、右手が痛いと実験に支障が出ると話しているといいます。
とりあえず、今回は軽傷で済んだようですが、“STAP細胞作製、200回以上成功”のスペシャルハンドですから大事にしてもらいたいものです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 小保方晴子氏へのNHKの暴走取材の実態暴露