栩内被告の切り札は超大物ヤメ検、黒田修一弁護士 | バラエティ劇場

栩内被告の切り札は超大物ヤメ検、黒田修一弁護士


栩内香澄美被告の強気な理由には、1人の超大物ヤメ検、黒田修一弁護士の存在がありました。


黒田修一弁護士は、検察出身で、今までに2001年のハンナン牛肉偽装事件や、05年のJR福知山線脱線事故などで被告弁護を務めています。

関西では5本の指に入る大物弁護士で、現役・OB問わず検察に顔が効きます。
これほど、大物弁護士をとても一回のOLである栩内被告が採用出来るはずがありません。
推測通り、黒田弁護士は、栩内被告の元勤務先であるパソナから依頼されています。

パソナの南部代表と、栩内被告とは、ただならぬ関係が指摘されていますが、それ以上に、パソナ、それも南部代表と政財界、行政などの裏事情を暴露されたら大変なことになると、無罪獲得に必死です。

無罪獲得のためには、栩内被告とASKA被告の性交渉の中身まで反証材料に使うなど、法廷は前代未聞のバトルとなっています。

南部氏が主催するパーティーには現総理の、安倍首相も出席していたことがあると言われています。
はたして、栩内被告は無罪を勝ち取る事ができるでしょうか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 栩内被告の切り札は超大物ヤメ検、黒田修一弁護士