小保方晴子氏、自己破産の可能性?! | バラエティ劇場

小保方晴子氏、自己破産の可能性?!


小保方晴子氏は、現在、理研チームとは別棟の独立した場所でSTAP細胞の検証実験準備を進めていますが、STAP細胞が確認できなければ、退職金なしの懲戒解雇と、賠償金を請求される心配がでてきています。


検証実験は11月末までの期限付きですが、それまでに「見込みなし」あるいは健康状態が不安定で本格的に取り組めないとなれば、途中で打ち切られる可能性もあります。

小保方さんは現在、年収800万円とも1000万円とも言われる給料を受け取っていますが、退職後は理研から損害賠償起訴を起こされる可能性があります。

理研の信用を失墜させ、寄付金収入が減ったり、虚偽の実験成果の報告で予算を出させたことなどが起訴の理由です。

また、早稲田大学大学院時代に執筆した博士論文にもコピペの疑いが持たれ、現在調査委員会で調査されています。

小保方氏は、2008年から3年間、日本学術振興会の特別研究員で毎月20万円の研究奨励金を受け取り、年間150万円の研究費も補助されていました。

3年間で約1000万円以上になります。

研究奨励金などは、不正行為があれば返還請求できることになっています。

そうなれば、以前のようにブランドで身を固める生活からは一転して、へたをしたら自己破産ということにもなりかねません。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 小保方晴子氏、自己破産の可能性?!