東大生が間違える小学生でも解ける算数問題 | バラエティ劇場

東大生が間違える小学生でも解ける算数問題


ここに1つの算数の問題を出します。どういうわけか、小学生は解けるのですが東大生の9割が解けませんでした。


あなたも挑戦してみてみますか?

ここに1個のバクテリアがあります。このバクテリアは1分で2倍に増殖します。
ある容器にこのバクテリアを1個入れると、100分で1杯になりました。
バクテリアは倍々ゲームで増えて1個が1分後に2個、2分後には4個になります。

それでは、最初に2個のバクテリアを入れると、この容器は何分でいっぱいになるでしょうか?
なまじっか知恵や知識がある人は、バクテリアは爆発的な増え方をして10分でいっぱいになるとか、色々考えて間違えるようですが、









■問題の答えは「99分」です。

2個のバクテリアを入れても、増殖するスピードは同じなので、短縮出来るのは、はじめの1分だけなのです。
だから答えは99分。

どうです、あなたは正解でしたか?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 経済 » 東大生が間違える小学生でも解ける算数問題