塩村文夏都議、過去のツイートを謝罪 | バラエティ劇場

塩村文夏都議、過去のツイートを謝罪


18日の東京都議会でセクハラヤジを浴びた塩村文夏都議だが、一躍時の人となり、過去に発したツイートが今更ながら取り上げられ、謝罪している。


塩村文夏都議の周りがカオス化してきました。

セクハラヤジを飛ばした2人目の都議が名乗り出ました。
この都議は民主党の山下太郎都議で、「頑張れよ」「動揺しちゃったじゃないか」との発言を認めました。

しかし、この発言はセクハラヤジではなく、逆に塩村都議を応援するものだったとかたっています。

民主会派も自民党のヤジを制する発言でセクハラではないと認識を示しています。

しかし今は当の被害者である塩村都議だが、セクハラヤジどころではなく、過去のツイートが問題になり打ち消しに躍起のようです。

例えば、2011年9月には、
「加藤茶 仲本工事さん、、。 ぶっちゃけ気持ち悪いと思うのは私だけ?」

2012年2月には
「ラサール石井も気持ち悪いなあ。・・・・・・・」

など、過去に発したツイートがネット上で話題になり謝罪したり削除したりして大変のようです。

都議になる前のツイッターのアカウントを使用しているので、現在、自信が過去にさかのぼって問題があるツイートを削除しているようですが、もうすでに有志によってそれらのツイートが保存されているといいます。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 塩村文夏都議、過去のツイートを謝罪