爆笑問題、薬物検査実施。白か黒か | バラエティ劇場

爆笑問題、薬物検査実施。白か黒か


爆笑問題の元マネージャーが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたのを受け、爆笑問題も薬物検査を実施しました。


元マネージャーは、爆笑問題の太田光や田中裕二の大学生時代の同級生で、爆笑問題の芸能事務所であるタイタンに勤務していた時から覚せい剤を使用していたことが、公判でわかった。

となると、爆笑問題は大丈夫か?となります。

太田光の妻でタイタンの社長である太田光代は、本人も含め爆笑問題2人も薬物検査を受けたとTwitterで報告しています。

順番にタイタンの所属タレント、スタッフ全員に薬物検査を受けさせるそうです。

今のところ、身内からは薬物違反者は出ていませんが、太田光代社長は「全て私の監督不行届きです。」と自分を責めるツイートをしています。

検査対象薬物:
・メタンフェタミン(覚せい剤)
・アンフェタミン(MDMA、脱法ハーブの一部)
・コカイン
・大麻(マリファナ)
・ヘロイン(麻薬、アヘン)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 爆笑問題、薬物検査実施。白か黒か