小保方晴子氏、解雇確実から解雇撤回へ。周囲の圧力が加わる。 | バラエティ劇場

小保方晴子氏、解雇確実から解雇撤回へ。周囲の圧力が加わる。


小保方晴子氏は理研を懲戒解雇されるのが必至と見られていましたが、周囲の圧力で理研を解雇されずにすみそうです。


小保方晴子氏本人も理研に残りたいと望んでいましたから、懲戒解雇にならずにすむというのは良い事だと思います。

周囲の圧力というのは、自民党関係者や役人です。
また当初は小保方晴子氏の解雇に積極的だった理化学研究所の野依良治理事長までもが懲戒解雇に反対の意向を示し始めました。

理由としては、小保方晴子氏にSTAP細胞の再現実験に参加してもらうためです。

小保方氏が理研を解雇され理研の身分がなくなると再現実験には参加できなくなるといいます。
厳しい就業規則でもあるのか、外部の人間が現状、理研内部の実験に参加できる規定はないそうです。

何か特別な手続き方法があるのか確認中だそうですが、いずれにしても世間はSTAP細胞が本当に存在したのか、またはES細胞の間違いだったのかきちんと白黒つけてほしいと思っているはずです。

そんな世論に押されて政治家や役人、理事長までも解雇は適当ではないという判断に傾いたのでしょう。
そうなれば早く復帰させて再現実験に参加してもらいたいですね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 小保方晴子氏、解雇確実から解雇撤回へ。周囲の圧力が加わる。