W杯、ギリシャ戦に勝つには本田を外すしかない | バラエティ劇場

W杯、ギリシャ戦に勝つには本田を外すしかない


いよいよW杯、第2戦目のギリシャとの戦いが明後日にせまってきました。
ここにきて、ギリシャ戦に勝利するには本田を外すしかないという過激な発言が飛び出しました。


スポーツジャーナリストの財徳健治氏はギリシャ戦では空中戦を仕掛けても結果が見えている。

空中戦を捨てて地上戦に特化する。

平均身長で日本を6センチも上回るギリシャとの戦いでは、とにかくスピードに徹することが勝利を導く最も期待できる戦法だと語ります。

しかし、これには「本田外し」という変則布陣で「ギャンブル要素」が強いです。

左右MFの香川真司、岡崎慎司が高い位置を取り、スピードのあるSBの長友佑都、内田篤人をMFの位置まで上げる。ボランチには若さのある青山敏弘、山口蛍。最前線にスピードのある柿谷曜一朗を配置すろいう考えです。

1968年メキシコ五輪得点王で、元日本サッカー協会副会長の釜本邦茂氏も諸刃の刃だが、決まれば大量得点が期待できるといいます。

今の日本代表で超攻撃サッカーをするには、より速く動くしかない。ギリシャのように高さがあるチームには上からいってもダメ。

財徳氏と同じ意見です。

しかも、釜本氏も「本田圭佑を外さざるを得ない」といいます。

本田がトップ下にいると、なかなかスペースが作れないというのです。

しかし、ザック体制は本田を中心にチームを作ってきているので、いまさら外すことはできないと思われます。

もし、外すとしても大きなリスクが伴うでしょう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ワールドカップ(W杯) » W杯、ギリシャ戦に勝つには本田を外すしかない