「ES」と書かれた容器、小保方研究室から発見 | バラエティ劇場

「ES」と書かれた容器、小保方研究室から発見


STAP論文の責任著者である若山照彦・山梨大教授が昨日の記者会見で、小保方氏から受け取ったSTAP細胞は若山氏が渡したマウスから絶対にできないと断言していましたが、小保方研究室から「ES」と書かれた容器が見つかりました。


理研が発見して容器内の細胞の遺伝子を解析したところ若山氏が保存していたSTAP幹細胞を第三者機関が解析した結果と一致しました。

理研は、この細胞がES細胞かどうか、若山氏に渡したものと同一化はまだはっきりしない。

継続して検証を続けるとしています。

今までにES細胞ではないかという疑義がでていますが、いぜん、小保方氏は否定しています。

ひょっとしたらSTAP細胞は計画的な捏造行為があった可能性も考えられます。

理研は調査もしないで早い幕引きをしようとしているのは、真実を知っていて非難されるのを恐れているからではないだろうか?

しかし、もう真実を究明しないままの幕引きは世間が許さないでしょう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 「ES」と書かれた容器、小保方研究室から発見