AKB48総選挙、渡辺麻友の優勝は中国が決めた | バラエティ劇場

AKB48総選挙、渡辺麻友の優勝は中国が決めた


AKB48の毎年恒例となった総選挙で渡辺麻友が15万9854票を集め優勝した。
しかし、この中の3万5000票が中国からの中華砲だった。


AKB48の総選挙の総得票数は268万9427票で史上最多でした。
そして今回優勝者の渡辺麻友も歴大最高票の15万9854票を集め優勝しました。

中華砲は3万5000票だから、20%強を中華砲がしめることになります。
中華砲とは、中国ネット掲示板で票を集めて集中投票することで中華砲といわれます。

今回は渡辺麻友に180万元(約2950万円)が集まったことになります。
6月7日の夜には中国メディア・新浪娯楽が「2014年AKB48総選挙、渡辺麻友が優勝!」
と速報している。

中国人AKBファンは自分達の投票が勝利を決めたと沸き立っているといいます。
中華砲は昨年の優勝者である指原莉乃にも9000票が投じられています。

今年は、中華砲は約4倍になりました。
ひょっとすると来年は、モット増える可能性が高いです。

そうすると、中国人が投票を決めた人が優勝するという変な事実が生まれるかもしれません。
それこそ、力、数に物を言わせる圧倒的なパワーを見せつけられるかも?です。

もし、それが来年実現するとしたら怖いですよね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » AKB48総選挙、渡辺麻友の優勝は中国が決めた