STAP細胞は存在しなかった。小保方氏も被害者 | バラエティ劇場

STAP細胞は存在しなかった。小保方氏も被害者


STAP細胞は専門知識が必要な問題であることを利用して、肝心の調査内容がはぐらかされ
問題の核心が闇に葬り去られそうです。
ここ数日で、もともとSTAP細胞は存在しなく、小保方氏も被害者だったのでは?
と思うようになりました。


専門的でわかりづらいのですが、小保方さんが存在すると主張する「STAP細胞」は
「未分化の細胞を確認しただけ」にすぎないということなんです。

これでもわかりづらいですね。

そもそもSTAP細胞捏造疑惑の発端は若山教授がSTAP細胞の作成に異議を唱えたことから
始まるのですが、若山教授はSTAP幹細胞を得る実験を行った唯一の当事者なのです。

その若山教授が異議を唱えた理由は、小保方氏から提供を受けた細胞から若山氏が
提供したマウスとは異なる遺伝子が検出されたことです。

つまり、小保方氏は違うマウスの細胞を使って実験していたわけです。

若山氏から提供された細胞と信じて。

つまり、小保方氏も今回のSTAP細胞捏造問題の被害者の一人なのです。

ある関係者によると、小保方氏に細胞を細工した超絶的な技術を持った第3者が
存在するとまで言い切っています。

この問題に深く入り込めば入り込むほど、専門的用語がでてきて頭が痛くなりますが、
できるだけ簡単に説明しましたが、わかっていただけたでしょうか?

あまり簡単すぎて専門的用語も入らないと信頼性に欠けるとは思いますが、
私なりの解釈ですのでご容赦下さい。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » STAP細胞は存在しなかった。小保方氏も被害者