STAP細胞に新しい捏造疑惑! | バラエティ劇場

STAP細胞に新しい捏造疑惑!


STAP幹細胞はオスのマウスしか作成していないのに、論文には
メスのマウスのデーターが掲載されている。
新しい捏造疑惑が生まれました。

STAP幹細胞は、小保方晴子さんが記者会見で、「自分は幹細胞作製は苦手」と語っています。

STAP幹細胞は、山梨大の若山照彦教授が作製を担当し、会見でも小保方さんは
「現存するSTAP幹細胞はすべて、若山先生が樹立(作製)して下さった」と話しています。

その若山教授はメスのマウスからSTAP幹細胞を作るのは難しく、
「オス由来の幹細胞しか作れなかった」と語っているのだ。

すると、STAP細胞の論文に掲載されているメスのマウスのSTAP幹細胞に関するデータは何なのか? 

説明がつかない。

新たな捏造疑惑が沸き起こりました。

難しいことはよくわかりませんが、STAP幹細胞は、STAP細胞を改変して、
無限に増える力を持たせた細胞のことを言うのだそうです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » STAP細胞に新しい捏造疑惑!