リケジョ(小保方晴子)の反撃が始まる。 | バラエティ劇場

リケジョ(小保方晴子)の反撃が始まる。


理化学研究所と小保方晴子さんとの間で、泥沼の起訴合戦が始まりそうです。
小保方さんは、近く本人も出席して反撃記者会見を行う予定


4月1日に発表された理化学研究所の調査委員会は「STAP細胞」論文を不正と認定した。

そして、責任は小保方さん1人であるという単独犯説を強く印象づけた。

この発表に対し小保方さんは代理弁護人を通じ、「とても承服できない」と反論しています。

調査委員会が不正と認定した改竄2件については小保方さんは単純ミスと説明している。

小保方さんは3月初旬から休暇を取り、理研が選んだ弁護士ではなく、自分で

大阪弁護士会の三木秀夫弁護士を雇い入れ反撃の準備をすでに開始していたようです。

調査結果に対しての不服申し立ては、調査結果を開示した日から10日以内に
不服申し立てをすることができます。

申し立てが認められない場合、あるいは、再調査でも研究不正の結論が変わらない場合は、
理研は小保方さんの処分、論文の取り下げ勧告、研究費の返還要求をすることになります。

不正が確定すれば小保方さんの研究者生命は間違いなく絶たれてしまうだろう。

不服申し立て期限までもう数日しか期限はないが、今のところ9日前後での
小保方さんの記者会見が予定されているようです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » リケジョ(小保方晴子)の反撃が始まる。