「STAP細胞」論文、捏造認定、不正をしたのは小保方さん一人! | バラエティ劇場

「STAP細胞」論文、捏造認定、不正をしたのは小保方さん一人!


世界的な注目を集めた「STAP細胞」の研究成果の不正を調査していいた
理化学研究所の調査委員会は捏造と4月1日発表した。
不正をしたのは小保方さん1人だという。そんなことがありうるのか?


ほかには、研究室の主宰者である若山照彦氏、上司の笹井芳樹氏の2人が
「不正行ったをわけではないが、責任は重大である」とした。

いわゆる監督責任ですかね。

最も悪いのは小保方さんという論理なのだが、本当なのでしょうか?

調査委員会は、はっきりと「不正行為は小保方さん一人で行った」と述べている。

調査委員会は同時に小保方さんから「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです」という
反論コメントを貰っていることも発表した。

近日中に理化学研究所に不服申し立てを行う予定だという。

「STAP論文」が不正だと認められれば理研科学の責任も厳しく問われて当然だが、
不正があったかどうかは、今回の中間報告ではなく最終報告で確定するという。

どうも、一人の若き研究者の暴走という形で世間の目がそちらに向くように画策しているような
感じにも取れる会見であったが、最終的な結論や責任がはっきりするのは
、懲戒委の結論が出るまで約1ヶ月はかかるという。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 「STAP細胞」論文、捏造認定、不正をしたのは小保方さん一人!