『アナと雪の女王』を歌う松たか子が評判の理由 | バラエティ劇場

『アナと雪の女王』を歌う松たか子が評判の理由


『アナと雪の女王』が3月14日に公開されて早く100億円突破などと
話題になっていますが、同時に松たか子の歌声も世界中で評判を呼んでいます。
どうして世界中でそんなに評判なのでしょうか?


松たか子は、『アナと雪の女王』の劇中歌『Let it go』25ヶ国バージョンで
歌っているのですが、

日本語をゆがめることなく、母音をはっきりと打ち出し歌っていることが
海外の評判を呼んでいるようです。

日本では、ポップス系を歌う時に「たちつてと」を「ちゃちちゅちぇちょ」と歪めたり、
裏拍に母音が来るような歌詞にしたりしますが、松たか子の歌声は日本語の母音の広がりを
自信を持って歌い上げている事が海外強烈なインパクトを与えているようです。

25ヶ国語バージョンを聴いた外国人の中には母国語よりも松たか子の歌声に心を奪われた
という人が多く存在すると聞いています。

松たか子がディズニーを日本語で歌う難しさを、なんの違和感もなく、
腹の底から発生し子音も母音もこねくり回すことなく歌い上げる迫力が松たか子にはあります。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 映画 » 『アナと雪の女王』を歌う松たか子が評判の理由