紫斑病,世田谷区弦巻,桜新町駅周辺,放射能 | バラエティ劇場

紫斑病,世田谷区弦巻,桜新町駅周辺,放射能

世田谷区弦巻の区道の歩道部分が除染前4.699μsv、除染後でも2μsv以上


このあたりが、雨水が溜まるのみならず、ミニホットスポットになっている可能性がある。

桜新町駅周辺の幼稚園、小学校では、複数人の子供たちが紫斑病になっていて、うち1人は一時重症になり、
近隣の大病院で治療を受けたとの情報もあり、近隣の大病院で治療を受けたという。

子供たちが行き交う場所の周辺で、高濃度に汚染されていて、
α線、β線核種も多い場所が通学路の歩道にあったということは、
このエリアでおそらく危険な核種は飛び交っていると思います。

数万ベクレルの可能性があります、ストロンチウムの検出可能性も高いです。

線量で終わらず、セシウムのみならず、ストロンチウムなどの核種分析をさせなければなりません。

この桜新町から経堂のエリアに住んでいるお子さんが、肺の重い疾病に、
3.11以降になったという話も聞いています。

紫斑病や肺の重い疾病という話からも、このエリア周辺で、高い濃度の汚染がある疑いがあります。

土壌調査での、近隣、世田谷区深沢でセシウム合算550Bq/kg、
世田谷区瀬田でセシウム合算1000Bq/kgを超える結果は、ウクライナのキエフを上回る数字です。

紫斑病とは
アレルギー性紫斑病(血管性紫斑病)特発性血小板減少性紫斑病(突発性血小板減少性紫斑病)があります。

アレルギー性紫斑病は血管性のもので、アレルギーを原因として、
四肢抹消に紫斑ができるほか、多様な症状が出る疾患です。
原因ははっきりとはわかっていません。

特発性血小板減少性紫斑病は血小板が著しく減少することによって起こる、自己免疫疾患です。
血小板が自身の肝臓や脾臓で破壊されてしまい、減少し、出血を止めにくくなってしまうのです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

    None Found

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

バラエティ劇場 TOP » 時事 » 紫斑病,世田谷区弦巻,桜新町駅周辺,放射能