佐村河内守氏のギャラは100万円を超える?! | バラエティ劇場

佐村河内守氏のギャラは100万円を超える?!


エセ作曲家の記者会見が宙に浮いている。
合同記者会見手配の代理人の弁護士2人が辞任してしまったからだ。
ここにきて、合同記者会見でなく、テレビ局が単独インタビューを画策している。
推定ギャラは100万円を超えるという。


テレビ局は、ソチ五輪後のネタ探しにやっきになっている。

佐村河内守氏なら高視聴率は確実ということで、単独インタビューを検討して動いているようだ。

一時期は、辞任した弁護士2人が、記者会見場を行うホテル探しなどをしていて、
会場使用料や通訳の費用を佐村河内氏側が負担するか、マスコミ側が負担するかで話し合っていた。

しかし、窓口である2人が辞任をしたことで共同記者会見は宙に浮いてしまっている。

佐村河内守氏側は、一銭もお金にならない共同記者会見よりも、
これから賠償責任など、大変な状況が待ち構えているからお金も必要だろう。

テレビ局側は、そう判断し水面下で交渉をすすめているようだ。

気になるのは、ギャラだが、名前が売れ始めてきたころは、
とにかく上から目線で、高額金額を平気で吹っかけてきたという。

そんな事から、独占インタビューなら、ギャラは100万円以上支払われてもおかしくないようだ。

合同記者会見、単独インタビュー、どちらでもいいが、早く世間の前に姿を現し事実を語ってほしい。

『佐村河内守作曲:交響曲第1番 HIROSHIMA』
『シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集』
佐村河内守:鎮魂のソナタ

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 音楽 » 佐村河内守氏のギャラは100万円を超える?!