住田裕子弁護士、行列のできる法律相談所、降板 | バラエティ劇場

住田裕子弁護士、行列のできる法律相談所、降板

日本テレビ系「行列のできる法律相談所」紳助さんらに続き…住田弁護士も降板

住田裕子弁護士が11月20日放送分でレギュラーを務める日本テレビ系「行列のできる法律相談所」
(日曜午後9時)を降板する。

昨年立ち上げたNPO法人の活動に力を入れるためで、02年の放送開始から「史上最強の弁護士軍団」
の2枠を務めてきたが、島田紳助さん引退、来月の松本志のぶアナの卒業に続き「行列」の顔がまた番組を去る。

住田氏は単発放送だった00年当時から出演。02年4月のレギュラー放送以降、
北村晴男、丸山和也(現参院議員)、橋下徹(現大阪府知事)の各弁護士とともに
「史上最強の弁護士軍団」の2枠を務め「東大出身のママさん弁護士」「法律の母」のニックネームで親しまれた。

住田氏は昨年、NPO法人「長寿社会の安全安心な暮らしを実現する会」を立ち上げ、
今年3月の東日本大震災を機に、被災地の支援活動「魚を食べて復興支援」も始め、
社会活動に専念したい気持ちが強まっていた。

住田氏の後任は調整中。松本アナの後任は同局の徳島えりかアナ(23)が務める。

司会は紳助さんの引退以降、レギュラー出演者が週替わりで担当している。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

人気記事一覧

関連記事一覧

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 住田裕子弁護士、行列のできる法律相談所、降板