佐村河内守氏、障害年金詐欺で実刑?! | バラエティ劇場

佐村河内守氏、障害年金詐欺で実刑?!


佐村河内守氏は、ゴーストライター問題渦中の人だが、これまで得た著作権料の返還を免れ、
ぼろ儲けになるらしい。
しかし、一方で聴覚障碍者2級の不正受給で詐欺罪で実刑になる可能性が出てきた。


障害年金は、昔から暴力団員による不正受給が後を絶たないという。

それは、支給額が300万円以上にのぼる事もあり、JR,NHK受信料、水道料、高速道路割引や、
他にサラリーマンなどの収入があっても減額されないメリットがあるからだ。

佐村河内守氏が、初めから偽っていたのかどうかは、まだはっきりしないが、
本人が告白した少なくとも3年前からは、一部聴き取れていたならば、
聴覚障碍者2級の基準はクリアしなく、3年もの間、障害年金を不正に受給していたことになる。

障碍者手帳を交付している横浜市では、事実関係を調査中だが、
一般論として聴力は悪化することはあっても、良くなるケースはほとんどないと語っている。

ちなみに6年前に、北海道で130人以上の聴覚障害年金詐欺が発生したが、
このうちの約110人は途中から奇跡が起き?

治ったが、最後まで障碍者として言い張った人達は全員が有罪判決を受けている。

佐村河内守氏も、このケースに非常によく似ていると思うだが。

佐村河内守氏が貰っていた障害者年金は、厚生年金、配偶者加算を合わせて
年間170万円ぐらいと言われている。

不正に得たぼろ儲けの著作権料の数千万円からすれば、わずかな額ではあるが、
法がキチンと裁く事は意義が深い。

『佐村河内守作曲:交響曲第1番 HIROSHIMA』
『シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集』
佐村河内守:鎮魂のソナタ

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 音楽 » 佐村河内守氏、障害年金詐欺で実刑?!