舛添要一は下半身も上半身も人間失格 | バラエティ劇場

舛添要一は下半身も上半身も人間失格


東京都知事に、舛添要一氏が当選したが、他の対立候補者に、
適任者がいなかったのが功を奏したわけだが、舛添要一氏ほど、
下半身も上半身も不誠実な人はいない。


まず、下半身から、

舛添要一氏は、4度目の結婚をし、現在の妻との間に2児、外に認知した子供が2人、
認知していない子どもが1人の計5人いる。

なにも結婚歴が多いのが問題ではない、
問題なのは結婚している最中から複数の女性と交際していたことにある。

また、認知した子供の養育費にしても、手取り給料が8万円しかないから、
養育費を減額してくれと裁判まで起こしている事が大問題なのだ。

また、兄弟に対しても冷淡な人間である。

実姉に対し、生活が困窮しているからと、実姉在住の北九州市の職員が
「1万円でも2万円でもいいから仕送りしてほしい」と頼みに自宅を訪問しても追い返されている。

その当時はタレント学者としてテレビで荒稼ぎしている時だ。

前自民党代議士で、3番目の妻である片山さつし氏は、舛添要一氏のことを、

公私ともに人は利用するだけのもの。と思っている人だと語っている。

自民党議員時代、小泉元総理、安倍晋三総理、麻生元総理を、
支援するふりをして支持率が落ちると手の平を返すように非難した。

しかし、その安倍氏から厚労相から打診されると、今までの批判はどこへやら、へこへことついて行く。

もう、下半身も上半身も節操がないのだ。

今話題のゴースト作曲ではないが、ミュージシャンの織田哲郎さんのアルバム『TOUGH BANANA』に
舛添氏の英語詞があるが、それが全部ゴーストだという疑惑がある。

さらには、お金にも汚く、自分の借金を自分が立ち上げた「新党改革」への政党助成金で
借金返済している可能性が高いのだ。

これほど、見事に悪が3拍子も4拍子も揃った人はいないと思うが、
こんな人が東京都知事に当選するほど、日本には人材がいないのかと思うと残念でたまらない。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 政治 » 舛添要一は下半身も上半身も人間失格