佐村河内守氏に空前の賠償請求ラッシュ | バラエティ劇場

佐村河内守氏に空前の賠償請求ラッシュ


佐村河内守氏のゴースト問題が発覚し大騒ぎだが、
佐村河内守氏には今後、空前の賠償請求ラッシュがやってきそうだ。


「現代のベートーベン」も地に落ちたものだが、今までの栄光、名誉は失って当然だが、
今までに稼いだお金以上に、お金も失うことになりそうだ。

偽りの被害を浴びたことで今後、賠償請求を起こす会社が複数予定されている。

それらの賠償請求額を合わせると軽く億は越えそうである。

今まで、いくら稼いでいたのか知らないが、
蓄えから払える金額ではないように思える。

まず、賠償請求の一番手が、コンサート企画会社の「サモンプリモーション」だ。

このコンサート企画会社は、今月から5月までの間で、
全国17公演のコンサートを企画していたが、中止を発表している。

チケットは、すでに5,000枚以上が売れていて、
17日からチケットの払い戻しを始めるという。

チケット被害だけでなく、会場使用料だけでも数千万円の赤字がでて、
損失額は1億円以上にのぼるという。

また、佐村河内守氏の楽譜を販売している音楽出版社も
ソチ五輪にフィギュアスケート日本代表の高橋大輔選手のSPでも使われる
「ヴァイオリンのためのソナチネ」など、4作品をレンタル・販売しているが、
数百万円の被害が出る見込みだ。

現在、賠償起訴を起こす事を検討している。

クラッシックで空前のヒットとなったCDの発売元の「日本コロンビア」も
CDの購入者から返金を求められているという。

ゴーストでこれだけの騒ぎですから、ゴースト役の新垣隆氏が語るように、
佐村河内守氏の耳は聞こえているのが本当だとしたら、とんでもない騒ぎになりそうですね。

しかし、CDを返品する人もいれば、逆に購入する人もいるんですね。

今また凄い売れ行きで品切れ状態みたいです。

出荷元の「日本コロンビア」は全CD出荷停止にしていますから、
手にしていれば幻の作品になり価値があがるかもですね。

「ヴァイオリンのためのソナチネ」は、まだこちらのショップで在庫あるようです。

試聴もできますよ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 佐村河内守氏に空前の賠償請求ラッシュ