PM2.5より怖いPM0.5が飛来している | バラエティ劇場

PM2.5より怖いPM0.5が飛来している


1月29日のテレビで、中国からの大気汚染粒子PM0.5が日本に多く飛来すると予測していました。


PM0.5
PM0.5はPM2.5よりも粒子が細かいので人体に与える影響は、PM2.5よりも大きいと言われています。

粒子の直径が名前のように0.5マイクロメートルと細かく、肺の奥まで侵入して血液中に流れ込むことで、心臓や弁などに影響を与える心配があります。

小さいお子さんがいる家庭ではとても心配ですね。
PM0.5対策には「PFE」がついたマスクが効果的といわれています。

マスクは医療マスクをサージカルマスクと呼びます。

サージとは手術や処置などの医療行為を言います。

PM0.5対策には普通のマスクではなくサージカルマスクが必要で、
さらにサージカルマスクには、性能を表わす数値としてBFE(細菌ろ過効率)とPFE(微粒子ろ過効率)があります。

PFEは試験粒子(0.1マイクロメートル)が除去された割合(%)です。

BFEは細菌を含む粒子(約3マイクロメートル)が除去された割合(%)です。

しかし、いくら高性能フィルターがついたサージカルマスクを使用しても顔にフィットしていなければ効果は期待できません。

サージカルマスクと顔の隙間から外気と一緒にPM0.5も吸い込んでしまうからです。

PM0.5対策には年齢や性別、体格に合わせたサイズのサージカルマスクが必要です。

サージカルマスクを選ぶ一番おポイントは自分の顔にフィットしたマスクを選ぶという事です。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » PM2.5より怖いPM0.5が飛来している