本田圭佑、初ゴールするも途中交代の理由 | バラエティ劇場

本田圭佑、初ゴールするも途中交代の理由

15日、ミランのスペツィア戦に先発出場した本田圭佑は、後半2分で移籍後初ゴールを決めた。
しかし、後半19分には退いている交代の理由は?


この試合では、本田は司令塔の役割を担い、立ち上がりこそパスは来なかったが、次第にボールが集まるようになり、的確な判断で周囲を導いていった。

初ゴールは、モントリーボのシュートを相手のGKがはじいたところを、素早く左足で蹴りこんだ。

本田の先発は予想通りで、マウロ・タソッティ監督代行は、いいプレーをみせてくれたと最大限の賛辞を本田に送っている。

途中交代した理由は、本田がまだコンディションを取り戻す途中であり、激しいコンタクトプレーは怪我の危険があるので、今回は60分の出場に留めたという。

90分の出場には、まだ時間がかかると語っている。

中3日で、リーグ戦・ベローナ戦(ホーム)が待ち受けているので、本田の体力消耗を少しでも減らそうという配慮のようだ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

このページはご購入者様限定コンテンツです。
商品と一緒にダウンロード頂けます特典案内に記載されているパスワードを入力頂く事で観覧が可能になるページです。

バラエティ劇場 TOP » サッカー » 本田圭佑、初ゴールするも途中交代の理由