やしきたかじん死去を知らせるFAXを全文紹介します。 | バラエティ劇場

やしきたかじん死去を知らせるFAXを全文紹介します。


歌手で、タレントのやしきたかじんさんが、食道がんの治療に伴い休養していたが3日に亡くなっていたことがわかった。
訃報を知らせる事務所からのFAX全文を紹介します。



ファンの皆様、関係各位

 やしきたかじんは、2012年1月に食道癌と診断され、
1年2カ月の療養を経て番組復帰をさせて頂くほど順調に快復しておりましたが、
復帰後すぐに体調の不良を訴え、再び休養をさせていただきました。

休養中、もう一度皆様に元気な姿をお見せできる日を目指し、
闘病を続けてまいりましたが、2014年1月3日、やしきたかじんは、
安らかに天国へと旅立ちました。享年六十四でした。

尚、葬儀は故人の強い意志に従い、
近親のみの手で密葬にて一切を相済ませました。

ここに謹んでご報告申し上げますと共に、
故人の快復を祈り待ち続けて頂いたファンの皆様、同じく、
本人不在で続けて頂いたレギュラー番組関係者の皆様、
最後にやしきを愛して頂いた全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

尚、偲ぶ会等の開催に関しては、現在未定です。

その節は改めてお知らせさせて頂きます。

 2014年1月7日 株式会社パブリックインフォメーションスタイル

やしきたかじんさんは、豪放磊落、歯に衣を着せぬ、ズバッというトークで人気だったが、2年前の2012年1月に初期の食道ガン治療のために、休養にはいり同年4月に切除手術を受けていた。

1年前の昨年3月には、1年2ヶ月ぶりに復帰したものの、体調が思わしくなく復帰1ヶ月半後には再び倒れ、無期限の休養に入っていた。

無期限休養中の昨年秋には、交際中の30代女性・Aさんと再々婚をしている。

お酒が好きで昼夜問わず赤ワインを愛飲していた。

煙草も2003年に肺気胸を患った時には、一時電子煙草に変えていたが、その後は、医者にもいかず1日60本を吸う生活を続けていた。

一度、東京進出に失敗してからは、関西を拠点位に活躍し、「関西の視聴率男」の異名も取っている。

休養中でも、関西テレビ系「たかじん胸いっぱい」、読売テレビ系「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪系「たかじんNOマネー」のレギュラー番組を持っていた。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » やしきたかじん死去を知らせるFAXを全文紹介します。