マルハニチロ農薬毒性評価で重大な誤り。29日発表訂正 | バラエティ劇場

マルハニチロ農薬毒性評価で重大な誤り。29日発表訂正


マルハニチロの子会社、アクリフーズで起きた冷凍食品への農薬混入事件で、毒性評価が誤って評価されていた。


29日の発表では、最も検出濃度が高かったコーンクリームコロッケで例えると体重20Kgの子供が60個食べないと、中毒症状が出ないと発表していたが、それが一夜明けて基準が一変した。

なんと、体重20Kgの子供が1/8個以上食べると、吐き気や腹痛の症状がでると悪い方への修正を発表したのだ。

これは難しいことはわからないが、マルハニチロが「LD50」を基準としていたが、厚生労働省の指摘により「ARfD」の基準に基づいての変更のようだ。

つまり、マルハニチロは自社に都合がよいようにかどうかわからないが、甘い基準で発表していたことになる。

また、農薬マラチオンが検出された商品も29日の発表から3品目増えた。

アクリフーズの工場がある群馬県では、食品衛生法に基づいて同社を立ち入り検査しているが、今のところ原因は特定できていない。

外部の犯行も考えられる為、群馬県警とも協力して捜査を進めている。

原因も犯人もわからないという事は、恐ろしいことです。

何か、会社に恨みを持つ人の犯行であれば、第2、第3の犯行もかんがえられるから心配です。



この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » マルハニチロ農薬毒性評価で重大な誤り。29日発表訂正