マー君、メジャー移籍1年延期。楽天残留を提案 | バラエティ劇場

マー君、メジャー移籍1年延期。楽天残留を提案


マー君が移籍か残留かは17日に決定するが、楽天球団がマー君の残留案を検討していることがわかった。

日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)で基本合意した新移籍制度では、球団が手に入る金額が大きく減額され2000万ドル(約20億6000万円)が上限となった。

この制度は選手と、大リーグにとっては良い制度だが、日本の球団にとっては、マイナス制度だった。

選手は今までの制度だと、最高金額を提示したチームとだけしか交渉が出来なかったが、新制度では額に応じた全球団と交渉できるようになった。

また、大リーグ側としても契約金額の上限を抑えることができる制度で問題はなかった。

しかし、楽天は契約金額が大幅な減額となることから、マー君にもう一年日本で頑張ってもらおうと考えているようだ。

マー君の年棒4億円を大幅にアップしてでも、観客動員やグッズ収入などで、2000万ドルよりも価値があると計算したようだ。

後は、マー君の気持ちと、世論の反応だろう。

当然、世論は球団を批判するだろうし、マー君のもモチべ―ションも気になる。

泣いても笑っても17日に正式に締結される新移籍制度のあとに行われる、マー君と楽天球団社長との会談が注目される。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 野球 » マー君、メジャー移籍1年延期。楽天残留を提案