日本維新の会の東国原英夫衆院議員と橋下徹共同代表との密約とは? | バラエティ劇場

日本維新の会の東国原英夫衆院議員と橋下徹共同代表との密約とは?


日本維新の会の東国原英夫衆院議員が、10日、知事選挙を目指す意向を固めたことで、維新の会を離党した。
橋下徹共同代表は、慰留をしたが、最後には議員辞職を了承した。
2人の間には、橋下氏の妻にも言えない密約があったという。

東国原衆院議員は、自身のブログで、「党の原点回帰が困難だ。党の運営も有機的に機能していない。私の一定の役割は終わった」と記している。

また、「東西二元体制の弊害」や、「多数決の原理が有機的に機能していない」と苦言も呈している。

東国原氏は、猪瀬東京都知事が辞任すると考えているようだ。

2人の間で、どんな密約があったのかは、うかがい知れないが、東国原氏はブログで「今年の6月30日、橋下氏からある重大な意思・決意を聞いた。12月10日に橋下氏との会談で再度確認した」と書きこんでいる。

このことを橋下氏は、記者団から質問されると、「何のことかわからない」「男通しの話。話したら男でなくなる。妻にも聞かれたが話していない。」と語っている。

いったい、妻にも言えない男通しの約束ごととはなんなのだったのでしょう?

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 政治 » 日本維新の会の東国原英夫衆院議員と橋下徹共同代表との密約とは?