「進撃の巨人」実写映画化プロジェクトがスタート | バラエティ劇場

「進撃の巨人」実写映画化プロジェクトがスタート


「進撃の巨人」の実写化は、2011年12月に一度、発表されたが、
監督の降板により中断されていた。
それから2年で実写化プロジェクトが再始動した。


脚本は、テレビドラマ「ブラッディ・マンデイ」や映画『GANTZ』シリーズの
渡辺雄介、映画評論家の町山智浩の2人が協力して担当する。

監督は、『巨神兵東京に現わる 劇場版』、特技監督を務めた平成「ガメラ」3部作、
『ローレライ』や『日本沈没』などの演出、特撮にも定評のある樋口真嗣。

最近では『のぼうの城』メガホンを取り、城の水責めの特殊撮影では評判を呼んだ。

原作者の諫山創氏とはすでに打合せを重ねていて諫山氏からは、
脚本やキャラクターのアイデアを貰っているという。

来年の夏に撮影開始し、2015年に公開を予定している。

オープニングテーマを歌うLinked Horizonが
今年のNHK紅白歌合戦に初出場する事も決まっていて話題をよんでいる。

まだ、具体的な配役などは決まっていないが、これからの発表に注目したい。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 映画 » 「進撃の巨人」実写映画化プロジェクトがスタート