徳洲会、公職選挙法容疑、裏帳簿発見される。地元議員逮捕か? | バラエティ劇場

徳洲会、公職選挙法容疑、裏帳簿発見される。地元議員逮捕か?


徳洲会の実質金庫番、スターン美千代容疑者のパソコンから裏帳簿が発見された。
裏帳簿には地元県議らに手渡した現金が記されていた。


裏帳簿のお金は実質の買収資金と見られている。

支払先は、鹿児島県会議員2人、市会議員数人、地元の公園関係者ら10人以上の名前が記されていた。

このお金の流れが立証できれば、逮捕者はさらに広がるものと思われる。

徳田毅氏が立候補した鹿児島地区2区は「奄美」「谷山」「指宿」の3地区に
事務所を設置していたが、裏帳簿が発覚したのは、奄美地区からだ。

今後の調査次第では、他の地区でも同じような裏帳簿が出てくる可能性が高い。

次から次へと証拠がでてくる徳洲会がらみの選挙違反だが、猪瀬東京都知事も、
嘘で塗り固められた答弁をくりかえしていると、真実が発見されたときに、
今以上に信頼を失う可能性は高い。

いまごろ、猪瀬都知事の心境は徳洲会の捜査進展に気が気ではないだろう。

いずれわかると思うから、今からでも遅くはないから正直に話してほしいものだ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 政治 » 徳洲会、公職選挙法容疑、裏帳簿発見される。地元議員逮捕か?