猪瀬都知事、都議会でもつき通す3つの嘘 | バラエティ劇場

猪瀬都知事、都議会でもつき通す3つの嘘


29日から、東京都議会が始まるが、
5000万円疑惑を与野党ともに追求する構えを見せているから、どう嘘を突き通すか見ものだ。


猪瀬都知事は、毎週金曜日に行っている定例記者会見を取りやめると
都庁記者クラブに伝えていたことが27日わかった。

記者会見で、不用意な発言をして不利にならないようにという判断だろうが、
今までに4回も記者会見を行っているが謎に包まれたままだ。

東京都議会で突っ込まれるだろう今までの記者会見から出た猪瀬都知事の
3つの矛盾にせまります。

1.5000万円の借り入れの申し出はどちらから?
猪瀬都知事ははじめは、徳田虎雄前理事長から申し出があり
、断るのは失礼だと思い、とりあえず預かった。と発言している。

徳田毅氏は、猪瀬氏が当初1億円を要求したと言っている。

猪瀬氏は、それは一切無いと否定し、
「持ちかけたわけでも、お願いしたでもいない」とあいまいな答えに変わっている。

2.借用書疑惑
借用書が、5000万円の大金に関わらず、あまりにも内容が簡単。

徳田毅氏の署名もない。

徳田虎雄前理事長の奥さんは借用書は見たこともないと発言していて、
猪瀬氏は、徳田毅氏の秘書が借用書を持ってきたと話していたが、後で、郵送で送られてきたと訂正している。

3.選挙資金提供だったのか?
一番最初の会見で猪瀬都知事は「資金提供というかたちで応援してもらった」と
選挙資金だったことを認めている。

ところが2時間後の記者会見で個人借入れに説明を一変させている。

明日から、始まる都議会では、この3つの矛盾が追及されるだろう。

猪瀬都知事はどんな嘘をついて答弁するのかじっくり見てみたい。

クリーンな政治家だと思っていたが残念です。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 政治 » 猪瀬都知事、都議会でもつき通す3つの嘘