島倉千代子さん3度の中絶、いつも水子地蔵を持ち歩く。 | バラエティ劇場

島倉千代子さん3度の中絶、いつも水子地蔵を持ち歩く。


享年75歳で11月8日に肝臓がんで亡くなった島倉千代子さんだが、
島倉さんは3度の中絶経験があり、いつも水子地蔵を持ち歩いていたという。


島倉さんは、高校生で日本コロンビアのコンクールで優勝し、
翌年の1955年に歌手デビューしている。

その時にデビュー曲「この世の花」は200万枚も売り上げる大ヒット曲となり
、一躍有名になった。

8年後に、元阪神タイガースの藤本勝巳選手と結婚し、
3人の子供を授かるが、仕事や経済面から3回も中絶をする。

結婚生活は、わずか5年で破局を迎えるが、
中絶した子供の事を片時も忘れる事はなかった。

「忍」と名付け、正式に供養を済ませると、その水子地蔵をいつも持ち歩いていたという。

自宅の仏壇にも、位牌が3つ置いてあり、毎朝、お経あげていたようです。

水子地蔵に、「母さんの子でよかったと思ってもらえるように母さん頑張るは。」
といつも語りかけては自分自信を鼓舞していたといいます。

そんな、心の支えがあったからこそ、多くの苦労も乗り越えられてきたんですね。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 島倉千代子さん3度の中絶、いつも水子地蔵を持ち歩く。