東電、原発修繕費用を削って黒字化。馬鹿にしている。 | バラエティ劇場

東電、原発修繕費用を削って黒字化。馬鹿にしている。


東電の決算が発表されたが、予想と相反し3年ぶりの黒字となった。
しかし、決算の内訳を見ると修繕工事費用が367億円も削られているのだ。


10月31日に東電の4月~9月までの決算が発表された。

前期の同じ時期は1662億円の大赤字だったが、今期は3年ぶりの黒字となった。

内訳は、人件費183億円の削減と、驚く事に修繕費用までも367億円も削減されているのだ。

原発の修繕も進まず電気料金を値上げして、黒字を確保する東電。

いったい、どれだけ国民を苦しめ馬鹿にし続けるのか。

決算中身を、もっと精査してみると、どうやら色々な経費を先送りしているようだ。

これはコスト削減ではない。

悪く言えば粉飾決算だ。

どうして東電は、そんな疑いがかけられる危険を冒してまでも黒字決算位こだわるのか?

どうやら、東電は会社の存続を自己処理よりも優先させたいようだ。

保身としかいいようがない。

3期連続、赤字が続くと金融機関の融資が難しくなるおそれがあるので見かけ上の黒字にしているわけだ。

実際、12月には2千億円の融資期限がせまり、社債の償還分の3千億円の新規融資が必要の状態である。

しかし、私の考えは東電は一度、潰せば良いと思っている。

福島原発の修繕は国が責任を持って行うと明言しているのだから、東電は日航のように一度潰せばよいのだ。

社員の士気が下がるからと、社員の給料減額も雀の涙におさえ、下げた後の金額でも、
まだまだ高額給料を維持し続ける体質にはウンザリしている。

そろそろ独占体制をくずし民間の苦労を味わい一から出直すべきだ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » 東電、原発修繕費用を削って黒字化。馬鹿にしている。